グリーンスムージーに合う野菜と果物は?

健康や美容に良いと、人気を集めているグリーンスムージー。
モデルさんやタレントさんが飲んでいることでも知られていますよね。
ダイエットにも良いので、先ず作ってみたいと思われる方も多いかと思います。
ではどういう材料で作ればいいのでしょうか。

グリーンスムージーは葉野菜と果物と水で作ります。
でもいかなる葉野菜でもいいわけではありません。
あくのきつくないもので、味にもくせがないものが良いようです。
最もポピュラーな葉野菜は、ホウレンソウ、小松菜、レタスでしょう。

1.ホウレンソウ・・アニメのポパイがホウレンソウの缶詰を食べて、筋肉りゅうりゅうになるのは有名ですよね。
それぐらいホウレンソウには栄養が沢山あるということを宣伝したもののようです。
ベータカロテンや、鉄分、ビタミンCが豊富です。
くせのない味なので、スムージーの定番になっている。

2.小松菜・・こちらも栄養価の厳しい野菜だ。
鉄分やカルシウムはホウレンソウをしのぐ多寡ですし、ベータカロテンも入っています。
味はちょっぴりくせがありますが、だいぶ人気の野菜だ。

3.レタス・・栄養の点では前記の二つには及びませんが、くせのない味で、スムージーには適している。
青臭さが僅かですから、誰にでも割り切れる野菜だ。
食物繊維も豊富です。

果物は何がおすすめなのでしょうか。
最も、定番のバナナ、りんご、みかん、キウイでしょう。
一際バナナは栄養も多く、甘みもありますから、腹持ちの良いものになります。
スムージーでダイエットする場合、朝食をスムージーに乗り換える、入れ換えダイエットをしますが、バナナはその点最適なものになりますよ。

健康やダイエットを気にしている女性に人気なのが、グリーンスムージーだ。
葉野菜と果物、それと水をミキサーにかけて定める飲み物だ。
そのグリーンスムージー、腸内環境も整えてくれるようですよ。

腸内環境は善玉菌が優勢であることが大切です。
腸内環境が酷く、悪玉菌が優勢になると、便秘をしたりして、しょっちゅうお腹の調子が悪い状態が続きます。
それはカラダにとっても良くない事なのです。

逆に、常に善玉菌が優勢になっていると、毎日気持ちよくお通じがあり、そのため肌もすばらしくなりますし、免疫もアップすると言われています。
グリーンスムージーで腸内環境が良くなるなら、嬉しいですよね。
では、どうしてグリーンスムージーで腸内環境が良くなるのでしょうか。

本当に、グリーンスムージーには不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよくあるからです。
こういうバランスの良さが腸内環境を良くするのです。
葉野菜と果物、水をミキサーにかけて作りますが、そっくり、もっぱらをスムージーにするので、食物繊維が取り除かれることがないのです。

また、グリーンスムージーには酵素も含まれています。
酵素は食物の消化吸収を良くする働きがあるので、腸内環境をいじる手助けを通してくれる。

そして葉野菜にはクロロフィル(葉緑素)が豊富に含まれています。
クロロフィルは体の中の有害なものを体外へ出してくれる働きがありますので、腸内環境も良くして得るわけです。

ただし過敏性腸症候群の方や病気ではないもののお腹がない方は、食物繊維を数多く摂ると却って腸には良くないので、飲まない方がいいかもしれませんね。参照サイト

グリーンスムージーに合う野菜と果物は?